風俗への誇

魅力はたくさんだからこそです

風俗って、「これだ」というだけじゃなく、それこそ一人一人違った魅力のあるサービスだと思うんですよね。快感が好きって人もいれば、快感よりもイチャイチャ感が好きって人もいると思うんです。何を求めるのも、どんな楽しさを享受するのも、すべてが自由だと思うんですよね。むしろそれが風俗の強みでもあるんじゃないかなって思うんですよ。だから風俗はどの男にとっても特別な世界となっているんじゃないかなって思うんです。楽しみ方が決められている世界ではなく、自由に楽しめるからこそ人気。自分ではそう思っているので、風俗ってもっともっといろんな形で楽しみたいって思えるんですよね。仮にですけど、風俗がもっと製薬の多いものだったら、さすがにここまで高い人気を集めるには至っていないんじゃないかなって気持ちもありますしね。それくらい、風俗の存在感って相当大きなものになっているんじゃないかなってことを、最近ふと思うようになりましたね。

自分もよく考えますね

どうやって風俗を楽しむのかは、自分でもよく考えているんです。むしろ考えている時もそれはそれで楽しいものだと思うんですけど、やっぱり何よりジャンルという点があるじゃないですか。どのジャンルにすべきなのかという点がとっても大切になってくると思うんですよね。それに加えて、風俗では自分のペースと言うものもあれば、自分の性癖もあります。それらを総合的に考えて、どの風俗にすると楽しいのかを考えるのが面白いんですよ(笑)だから風俗で心掛けているのは、何よりも自分がどれだけ楽しめるのかですが、その次くらいには「何を楽しむとどんな気持ちになるのか」と言う好奇心ですね。知っていることを当たり前のように楽しむのも悪くはないんですけど、知らないことを試してみたいという気持ちもあるんです。ましてや性に関しては男は好奇心が膨らみますからね(笑)だからどういった形で楽しむべきかと言うのは、自分でもいろいろと考えるようにしています。