風俗への誇

得意分野はかなり狭いものの…

正直、自分の性癖はかなり偏っているってことはよく分かっているんですよ。だから性感マッサージばかりになっているとは思うんですけど、性感マッサージへのこだわりは他の誰にも負けないんじゃないかなとも思っているんですよね(笑)風俗といえば性感マッサージ。これが自分の中での暗黙の了解になっていますけど、決して無理をしている訳じゃないんです。本当は他の風俗で遊びたいけど、自分に無理矢理言い聞かせているとかではないんです。性感マッサージで楽しみたいから性感マッサージにしている。本当にただそれだけでしかないんですよね。性感マッサージは遊ぶと分かるんですけど、とっても気持ち良いんです。ただ、自分でも遊ぶ人を選ぶというか、好みが分かれる風俗かなとは思っています。自分はマッチしているってことですよね。だから誰にでもお勧めとは言いません(笑)でも、マッチしている人にとってはこれ以上の楽しい時間はないんじゃないかなって思いますよ。

妥協しつつも風俗が好きです

理想を必ず叶えるというスタンスも悪いとは思いませんけど、ただ理想と現実って言葉もあるじゃないですか。やっぱり理想ばかりを追い続けても意味がないと思うので、ある程度の現実だって自分なりに飲み込んで楽しまないとなって思っているんですよ。それだけに、風俗でも理想と現実は大切ですよ。理想を持つのは自由ですけど、風俗を利用するのは自分だけではないですしね。楽しみたいって思った女の子を見つけたとしても、その子が既に予約でいっぱいってケースもあるんです。その場合、その日は諦めて後日楽しむか、風俗を楽しみたいのであれば別の子にするしかないですよね。そこではある程度の妥協も求められますけど、妥協しつつ風俗を楽しんでいます。100%理想通りとはいかないので、ある程度妥協することになってもそれはそれで楽しいのが風俗の世界なんじゃないかなって思いますしね。その気持ちこそ、何よりも大切なんじゃないかなって思いますし。